金融市場の基礎知識

サイトマップ

債券とは何か?

債権は政府、公共団体と株式会社などが一般人から比較的巨額の資金を 一時に調達するために発行する借用証書であり、それにともなう債権を表彰する有価証券だ。

債権は償還期限が決まっている期限付証券であり、利子が確定している確定利付き証券という性質を持つ。そして債権は概して政府などが発行するので安全性が 高くて、利率にともなう利子所得と相場差益にともなう資本所得を得る収益性があって、 現金化できる流動性が大きい。このような特性によって債権は満期と 収益率により主要な投資資金の運用手段で利用されたりもする。

債権は大規模資金調達手段という点で株式と似ている。
しかし 債権は他人資本であり、証券所有者が債権者として利益が発生しなくても 利子請求権を持って、議決権の行事による経営参加権がなくて、償還が予定された一時的証券である反面、株式は自己資本であり、証券所有者が株主として利益が発生してこそ配当請求権を持って、議決権の行事による経営参加権があって、将来償還が予定されなかった永久的証券という点で大きく異なる。

債権は発行主体により 国債・地方債・特殊債・金融債・会社債、 利子支給方法により利票債・割引債・複利債、償還期間により 短期債・中期債・長期債、募集方法により 私募債・公募債、保証有無により 保証社債・無保証社債などに分類される。

債権と関連して最も重要な要素は債券収益率だ。債権収益率というのは、債権に投資して得ることができる収益の大きさを現わす尺度であり預金の利率に相当することとして発行収益率、市場収益率、実効収益率などに区分される。その最も大きい 変動要因は債権の需要と供給なのに、主に供給よりは需要によって影響を受ける。

それは債権の供給は一定の計画によって成り立つ反面債権の 需要は債権の価格に弾力的であるためだ。そして債権の価格は満期、発行主体の償還不能の可能性と同じ内部的要因と市中金利、経済状況と同じ外部的要因などによる需要と供給の推移により決定されて随時変化する。

「株式・債券基礎ガイド 金融と法律の基礎知識」について

金融市場の基礎知識を解説しています。特に債券や株式など難しい用語を出来るだけ解りやすく解説することに力を入れています。